専攻紹介

中央社会学・社会情報学会


中央社会学・社会情報学会は,学生が自主的に教員たちを巻き込みながら作った勉強のための組織で,30年以上にもわたる長い伝統があります(1989年に発足)。


社会学・社会情報学専攻の学部生,院生,専任教員の全員が会員で,会員数約 700人で構成されています。学生代表を中心とした学会スタッフの主導で,授業の枠にとらわれない,社会学・ 社会情報学を自主的に学ぶための活動を様々に行っています。


具体的な活動内容例:

・年報機関誌「 中央社会学・社会情報学」(優秀な卒業論文・修士論文を掲載)の編集・発行

・新歓パーティ・履修相談会

・スポーツ大会

・講演会

・読書会


普通の大学にはまず見られないタイプの,学生と教員の垣根を越えた一種のサークルとも言えます。


https://twitter.com/chuo_sociol


学会メンバー募集中です!詳細はこちらをご覧ください。

https://sociology.r.chuo-u.ac.jp/news/detail/87


学会が主催する2020年度ゼミ発表会の詳細はこちらをご覧ください。

https://sociology.r.chuo-u.ac.jp/news/detail/123